• ABOUT
  • PRODUCTS
  • MEDIA
  • SALON
  • BLOG
  • CONTACT
  • ONLINE STORE
  • Facebook

BLOG

2017.04.29

<イライラチェック>
1110313top □ ストレスが多い
□ 目の疲労を感じる
□ 頭痛がよくある
□ キーンという耳鳴りがある
□ 口内炎になりやすい
□ 肩や首の凝りがひどい
□ 鎮痛剤や抗生剤など薬を飲むことが多い
□ 低体温である
□ 食欲もあまりなく無気力だ
□ シミや目のクマが目立つ

さて、いくつ当てはまりましたか?
私は6項目当てはまりました(汗)
多く当てはまった方は、ストレスかなり溜まってますね~!


女性にはPMS、子宮筋腫、子宮内膜症、更年期障害、不妊症など女性特有のトラブルがあります。

私の周りでもPMSでピルを服用している友人や、不妊治療をしている友人がいますが、
みなさんの周りにも女性トラブルで悩んでいる方や手術をされた方がいらっしゃるかと思います。

発症の原因は、現代のストレスフルな生活習慣が大きく取り上げられています。
遺伝子的には女性はゆっくりなペースで生活するものなのに、
現代では多くの女性が社会進出して男性と肩を並べて戦っているのが現状。

そりゃあ働かなくていいならゆっくりしたいけれど、働かないといけない現実があり、
働くことで人と関わって成長できる楽しさもあるし、働かないとダメ人間になってしまう気がする。
もやもやもや。。。

わかります、わかります!!

身体と心、そして気持ちがバラバラになってしまっていることで
様々な不調が生じてしまうのは当然のことなんです。


中医学において、女性疾患の原因はほぼこの3つです。

【血の不足】 【肝経絡の滞り】 【腎(=精)が弱い】

冒頭のチェック項目で当てはまる項目が多かった方はこのうちのどれかに該当するはず。

ここでのポイントは、その方によってタイプが違うためアプローチも変わるということです。
例えば『冷え』を挙げると、
なんで冷えるのか?血が少ないから?巡りが悪いから?もともと温める機能が弱いから?
なんで血が少ないの?巡りが悪くなっている原因は?根本的に温める機能を上げる方法はあるの?

といった具合に、どんどん掘り下げていきます。

陰陽五行と気血水の考え方で分析し、
それによって導き出されたタイプ別に漢方薬、食べ物や飲み物などを見立てます。
これが中医学です。


今回の中医学講座では、女性特有のトラブルのメカニズムをお伝えし、
生理の重要さや妊娠しやすい身体作りなど皆様の疑問にお答えするスタイルで進めていきます。


女性なら知っておきたい内容ですし、ご家族にも伝えて頂ける内容なので
ご興味おありの方はぜひご参加くださいね!

————————————————-
『暮らしに役立つ中医学 女性疾患』
5月14日(日)11:00~13:00
¥3,500+税

申込みはコチラから→ <申込みフォーム>
————————————————–

ショップリスト
2017.04.29

<イライラチェック>
1110313top □ ストレスが多い
□ 目の疲労を感じる
□ 頭痛がよくある
□ キーンという耳鳴りがある
□ 口内炎になりやすい
□ 肩や首の凝りがひどい
□ 鎮痛剤や抗生剤など薬を飲むことが多い
□ 低体温である
□ 食欲もあまりなく無気力だ
□ シミや目のクマが目立つ

さて、いくつ当てはまりましたか?
私は6項目当てはまりました(汗)
多く当てはまった方は、ストレスかなり溜まってますね~!


女性にはPMS、子宮筋腫、子宮内膜症、更年期障害、不妊症など女性特有のトラブルがあります。

私の周りでもPMSでピルを服用している友人や、不妊治療をしている友人がいますが、
みなさんの周りにも女性トラブルで悩んでいる方や手術をされた方がいらっしゃるかと思います。

発症の原因は、現代のストレスフルな生活習慣が大きく取り上げられています。
遺伝子的には女性はゆっくりなペースで生活するものなのに、
現代では多くの女性が社会進出して男性と肩を並べて戦っているのが現状。

そりゃあ働かなくていいならゆっくりしたいけれど、働かないといけない現実があり、
働くことで人と関わって成長できる楽しさもあるし、働かないとダメ人間になってしまう気がする。
もやもやもや。。。

わかります、わかります!!

身体と心、そして気持ちがバラバラになってしまっていることで
様々な不調が生じてしまうのは当然のことなんです。


中医学において、女性疾患の原因はほぼこの3つです。

【血の不足】 【肝経絡の滞り】 【腎(=精)が弱い】

冒頭のチェック項目で当てはまる項目が多かった方はこのうちのどれかに該当するはず。

ここでのポイントは、その方によってタイプが違うためアプローチも変わるということです。
例えば『冷え』を挙げると、
なんで冷えるのか?血が少ないから?巡りが悪いから?もともと温める機能が弱いから?
なんで血が少ないの?巡りが悪くなっている原因は?根本的に温める機能を上げる方法はあるの?

といった具合に、どんどん掘り下げていきます。

陰陽五行と気血水の考え方で分析し、
それによって導き出されたタイプ別に漢方薬、食べ物や飲み物などを見立てます。
これが中医学です。


今回の中医学講座では、女性特有のトラブルのメカニズムをお伝えし、
生理の重要さや妊娠しやすい身体作りなど皆様の疑問にお答えするスタイルで進めていきます。


女性なら知っておきたい内容ですし、ご家族にも伝えて頂ける内容なので
ご興味おありの方はぜひご参加くださいね!

————————————————-
『暮らしに役立つ中医学 女性疾患』
5月14日(日)11:00~13:00
¥3,500+税

申込みはコチラから→ <申込みフォーム>
————————————————–

ショップリスト